自己紹介してなかった・・・

最近、「ブログを見て入会を決めました」というお話が3件ほどあり、意外と見られているんだなと、久々に更新を決意。

塾長がどんな人となりなのか、ブログで紹介しておいた方が良さそうな気配を感じたので書いてみる。


2020年で39になるナイスミドルです。

身長は調子のいいときは184cmですが、普段は183cm。

小学校時代はバスケ、高校時代はテニスをしていましたが、中学校時代の記憶を思い出そうとすると頭が痛くなるのできっと暗い青春だったのでしょう。

バスケもテニスも下手でしたね……。

一時、空手と少林寺拳法を嗜みました。

ボールを扱うよりは上手でした。

東高出身、大学は愛知教育大学という国立大学で、教員免許は中高の理科を取得しました。

その後は愛知県と鳥取県の学習塾を転々としながら、4年ほど前に独立開業。

趣味はモンハンやら、バイオハザードやらのゲームですが、忙しくてほとんどできないので、生徒がゲームにハマって成績が下がっているのを知ったときは、うらやましくて余計に叱ります。

小説を書くのも好きでしたね。ネットに上げてそれなりに好評でしたが、独立開業してからは全く書けてません……。

無類の猫好きで、休憩中には動画サイトで猫の動画ばっかりみています。

市内のペットショップで猫のショーケースに張り付いている怪しいでかいおっさんがいたら多分それが僕です。

二十歳のころは名古屋のクラブでレコードを回したりとチャラかったくせに、社会人になってからは引き籠ってアニソン聴いてます。ユニゾンスクエアガーデン最高です。

という具合に、自分でもオタクなのか体育会系なのか、パリピなのかよくわからない状態です。



ううむ。経歴を文字にしてみると、まるでまともな人間には見えない。

でも、包み隠していいことだけ伝えるっていうのはいかにも怪しいので、これでOK。


自分を一言で表せば、「他人にも自分にも厳しい人間」だと思っています。

生徒の不真面目を厳しく叱る一方、自分にミスがあったら激しく落ち込みますし、子供相手であっても深々と腰を折って謝ります。

頭は良い方ではありません。指導力はすべて、努力で身に着けてきました。

でも、学才のない私が、こうして教育関係の仕事で活躍している姿を見た生徒たちが「人間、やってやれないことはない」と感じてくれるといいなあと日ごろから念じています。



過去の自分のことはあまり好きでない。

でもきっとそれは、常に自分をアップデートできている証左だと思っている。

だから、生徒たちが過去の自分と同じような過ちをしていたら、必死でやめるように説く。

僕はこうして克服したぞ、君も努力しなさい、と。

「ありのままの君でいい」などという慰めの言葉をいたるところで見かけるようになったけれど、僕は「成長しない人間は死んでいるのと同じ」だと考える。少々過激な物言いだとは思うけれど。

成長しないということは、他人に迷惑をかけつづけることとほぼ同義だと思っている。

成長しないことは、その本人だけの問題ではない。

僕は少々、ニートだったことがあるのでそれをよく知っている。

あの頃の僕のようになって欲しくない。

努力せず、成長をあきらめて過ごす時間が、いかに勿体ないものか。

だから僕は今日も厳しく指導する。